転職で年収アップが確実に達成できる方法とは?

転職で年収アップが確実に達成できる方法として、最も手っ取り早いのが、今の会社よりも優良な企業に就職するということです。中小企業から大企業への転職などは、この典型例と言えるでしょう。転職で給料をアップさせるというのは簡単ではありませんが、今と同じくらいの給料を希望した上で、今よりも大規模な企業に転職をして、福利厚生などをアップさせれば、総合的に収入が増えることにつながります。転職活動をはじめる時点で、今よりも大規模な企業にターゲットをしぼっておけば、無駄のない活動ができるかもしれません。

2つ目のポイントとして、評価システムが自分に合った企業に転職するということです。例えば、今の会社が年功序列制であるために、スキルや貢献度はとても高いにもかかわらず、それに見合った給料をもらっていないというケースでは、実力主義の会社に転職をすることで、年収が大幅にアップする可能性があります。しかし、実力主義の会社では、逆に年をとったときにデメリットを被る可能性があるということも考えておきましょう。年功序列制の会社では、今の給料は低くても、年をとったときに安定して高い給料をもらえることが期待できます。自分を過大評価しすぎている人は、実力主義の会社に就職すると後悔することになるかもしれません。

3つ目のポイントは、年齢やタイミングです。特に、20代前半の人などは、自分の実力以上の給料をもらっているということもあります。新入社員として入ったばかりの頃は、企業の利益にほとんど貢献できていないのに、高い給料をもらっています。特に、大企業や外資系の企業ではこの傾向があります。そのため、20代前半くらいの年齢で転職をすると、年収が下がるケースが多くなっています。今の会社の待遇に納得がいかなくても、十分にスキルを身につけるまではがんばって仕事を続けたほうがいいでしょう。

最後に、年収の交渉をすると、年収が上がる可能性が高くなるというデータもあります。働きに応じた給料をもらうということは当然のことなので、自分の能力に自信がある人は、積極的に年収の交渉をしたほうがよいかもしれません。